《プレミアム・グッズ》王家のティー・カップ
(白磁金飾獅子文様オリジナル・限定カップ&ソーサー)

line02《プレミアム・グッズ》
王家のティー・カップ(白磁金飾獅子文様オリジナル・限定カップ&ソーサー)
※会場限定販売

line01

teacup●カップ&ソーサーのフォルムは、茅田砂胡氏が〝一目惚れ〟した豪奢で優美なライン。

●オリジナル・デザインの原案は茅田氏。その原案をもとに、長年ノベルスのカバーデザインを担当し『デルフィニア』世界観を最も深く理解する、しいばみつお氏による大胆かつ繊細なデザイン。

●迎賓館や洞爺湖サミットなどで使用される陶磁器を制作した、国内最高峰ブランド大倉陶園の協力による、白磁金飾獅子文様のオリジナル・限定カップ&ソーサー。

ハイ・クラスのオリジナルカップ&ソーサーをお届けします。

上品でありながら華やかさを感じさせるカップ&ソーサーの形は、大倉陶園の中でもこのボディラインのみが名乗ることを許された「The Okura」と呼ばれる、最高クラスのものです。
その洗練されたラインは茅田氏をして「まさに『デルフィニア』の王宮で使用されていた茶器のイメージ」と大絶賛され、この度のプレミアム・グッズの制作が決定しました。
金獅子のデザインは茅田氏のイメージ原案を、『デルフィニア』のノベルスカバーや画集のデザインを長年にわたりすべて担当されたしいばみつお氏(伸童舎)が手がけています。
制作を請け負った大倉陶園は迎賓館やサミット等に食器を納めている日本を代表する陶磁器メーカー。「良きが上にも良きものを」の理念のもと、手づくりによる最高品質にこだわり、白磁の美しい陶器を創り出しています。
本品は、金飾が最も華麗に映えるその完璧な白磁による豪華な逸品です。
限定販売ですので、この機会を逃すと二度と手に入りません。

すべてが、手づくり。
すべてが、最高品質。
――すべては、物語のために。

《デルフィニア》×大倉陶園

『デルフィニア』を象徴するような記念品をお届けしたい。
ずっとそんな望みを抱いてきました。
どのような品であれば楽しんでいただけるか。
その答えのひとつとして、『デルフィニア』の風格と気品を感じさせてくれる「王家のティーカップ」が形となりました。

この企画は、日本を代表する陶磁器メーカーとのコラボレーションなくしては誕生しません。


カオリン主原料であるカオリンは、最高品質であるSW(スペシャルホワイト)を贅沢なまでに使用。さらに、大倉陶園独自の精製方法により、段階的に脱鉄や篩にかけ不純物を取り除いている。この素材と工程なくして、美しく透明感のあるなめらかな白磁は生まれない。

王家のティー・カップカップのフォルムは大倉陶園の最高傑作――「The Okura」を使用。その優雅で優美なラインには、創業以来96年の歴史と技術が込められている。

縁金手作業金彩色は他色に比べ、定着が非常に難しい。またその「金」は限りなくK24に近いものを使用している。「近い」という定義は、定着のために金に溶剤を混ぜ込むからだが、この「不純物」は焼成の段階で蒸発してしまう。金彩の仕上げは一筆一筆手塗りで行われている。


大倉陶園さんの陶器に初めて接した時、白磁の美しさもさることながら、触ってみて、その感触に驚きました。
1460度という温度は陶磁器を焼くにしても、かなりの高温なのだそうです。ぎりぎりの限界近くまで焼き締めているわけです。
それなのに、陶器によくある冷たさを感じません。
あくまでも白く。どこまでも硬く。それでいて何故かあたたかく、まろやかで、やわらかいのです。
「良きが上にも良きものを」
これが創業以来、大倉陶園さんの揺るがぬ方針だそうですが、触れてみて初めて、その真価がわかります。
ぜひ、お手に取っていただけたらと思います。

茅田砂胡


「デルフィニア・オリジナルブレンド 西離宮のAfternoon Tea」はこちら

ステージ・イベント「デルフィニア音楽会2016 in 東京グローブ座」詳細ページへ